昼シーバス

夜シーバス

夜メバル&カサゴ

ミニトレバリー

青物イナダ

青物サワラ

青物ワラサ

鯛ラバ

タチウオ

烏賊エギング

シイラ・カツオ・メジ

キハダマグロ




■ルアーセレクト■

■シーズン一覧■


アジ・コマセ釣り

根魚泳がせ釣り

青物泳がせ釣り

カワハギ釣り

キス釣り

イシモチ釣り

カレイ釣り

夜アナゴ釣り

その他の釣り物

 GAME FISHING VALENTON -yokohama-  ▲TOP
  湾口方面・シイラ&カツオ・メジ

         シイラ


 シーズン
 シイラのシーズンは7月上旬から9月下旬頃まで、
 カツオ・メジマグロ等の青物に関しては
 湾口エリアに回遊次第狙います。


 出船時間帯
 早朝からの出船で1日コースとなります。シイラ専門に狙うか
 他のターゲット何種かと組み合わせるかはお好み次第で、
 詳しくはご予約の際にご相談下さい。


 タックル
 大型のペンシルベイトやポッパー、ミノーなどをフルキャスト
 するのでそれに見合った専用のスピニングタックルが必要です。
 またカツオやメジ用に11cm前後のペンシルベイトや60g前後の
 ジグをキャストできるワンランク下のタックルも用意されると
 湾口エリアの幅広いターゲットに対応できます。


 小型のシイラ・カツオ・メジなど
 青物ナブラ撃ち キャスティング用スピニングタックル

・ロッド・・・1ozクラス 7ft スピニングタイプ=ソルティガ ドラドARなど
 ・リール・・・スピニングリール(ダイワ3000番/例⇒ソルティガGAME3000〜3500)
  ・ライン…PE2号300m+ショックリーダー30Lb1m
   ・ルアー・・・シンキングミノー&ペンシルベイト11〜14cm



 シイラ・メジ・キメジなど
 シイラ&大型青物 キャスティング用 スピニングタックル

・ロッド・・・2ozクラス 7ft スピニングタイプ=ソルティガ ドラドPRなど
 ・リール・・・スピニングリール(ダイワ3500〜5000番/例⇒ソルティガZ4500)
  ・ライン…PE3号300m+ショックリーダー50Lb1m
   ・ルアー・・・ペンシルベイト・ポッパー・ミノー各14cm


・シイラ・キャスティング主力ルアー

    ・ポッパー‐14〜17cm
    ・Fペンシルベイト‐14〜17cm
    ・Sペンシルベイト‐14〜17cm
    ・Sミノープラグ‐14〜17cm
         
・青物カツオ / メジ主力ルアー

         ・Fペンシルベイト‐11cm
         ・Sミノープラグ‐11cm
    ・メタルジグ‐40〜80g


■ルアーセレクト一覧■



 ポイント&攻略

   東京湾の湾口付近では毎年6月以降シイラの回遊が見られるようになり
 7月に入る頃には徐々にその数も増し釣りのターゲットとして狙えるように
 なります。主なポイントは剣崎沖から城ヶ島沖にかけてと沖の瀬の周辺、
 そして千葉の洲崎沖などで主に潮目に漂う流れ藻や流木など漂流物の周りを
 攻めます。シーズン的には毎年9月一杯は楽しめるほかその年の状況にも
 よりますが同じポイントでカツオやメジマグロも狙うことができます。

   シイラのサイズについてですがシーバスやワラサなどと比べると倍に
 近い大きさまで成長するので60cm以下は小型と言えます。ちょうどセイゴや
 ワカシと同クラスと考えれば良いでしょう。このクラスは俗にペンペンシイラ
 と呼ばれています。

   対象として狙いたいのはメーターオーバーの中型以上で120cmを超えれば
 大型と言えるでしょう。全長140cm位までは珍しくはありませんが150cmを
 超えるサイズとなるとそれほど頻繁にはお目に掛かれないようです。


 ・釣り方…

   基本的には14cmのポッパーやペンシルベイトを上手に使ってリアクション
 で喰わせますが慣れてない人は大型のミノープラグをただ巻きするだけでも
 ヒットさせることができます。姿は見えていてもなかなかヒットしないとき
 にはチェイス確認後、力強くジャークを何回も繰り返すと効果的な場合が
 よくあります。

  ヒット後は唸るような音とともに勢い良くドラグが出ますが慌てずに
 止まるのを待ちます。間違っても途中でドラグを締めたりしないように、
 それから船の近くで派手にジャンプを繰り返すようなときは竿先を水面
 に向けてテンションも気持ち緩めましょう。竿を立てた状態でテンション
 が掛かっていると水面上でフックアウトしたときルアーが自分の顔を
 目掛け勢い良く飛んでくるので大変危険!注意が必要です。

  メーターオーバーのシイラはファイトも強烈なのでヒットさせること
 よりもヒット後の対処が腕の見せ所となります。慎重すぎてドラグが緩い
 といつまでたっても上がってこないしきつめにすればラインブレイクして
 しまうので性能の良いリールにPE3号を300m位巻いてドラグの設定は
 2kg位に調整しておきましょう。この設定ならなれていない人でも多少時間
 をかけることでビッグサイズも余裕でランディングできるはず。言うまでも
 ありませんがラインシステムは万全にしておく必要があります。

   シーバスやワラサなどはどんなに時間をかけても5分そこそこのファイト
 ですが140cmを超えるシイラとなるとファイト時間が20分を上回るケースも
 ありその間ラインを出したり巻いたりまた途中で何回もジャンプしたりと
 ラインの結束部にかかる負担もかなりなものなので普段ラインシステムに
 あまり気を使わない人もシイラを狙うときは少々気を使って下さい。

   それからルアーのフックに関してはプラグ類でもシングルフックへの
 交換をオススメします。またトリプルの場合は必ずバーブレスにして下さい。
 ランディングの際フックを外すときの手際が良く魚へのダメージも最小限で
 済むほか自分や周囲の人に対してもその方が安全です。またシイラは口の
 すぐ近くに目があるためフックが目にガッチリと掛かってしまうことも多く
 とても可愛そう・・・

   フックを外す際は船上に上げてから行うと魚が大きいだけにバタバタと
 暴れて大変危険が伴うほか予想以上に時間も掛かってしまうので船上に
 上げる前にネットの中で外すようにします。誰か1人がネットをしっかりと
 押さえてその間にペンチなどで外すようにします。検量や写真撮影を
 する場合はできるだけ速やかに行い終了次第元気な状態の内に海に
 帰してやりましょう。


 ・カツオ・メジ

   常に高速で泳ぎ回る魚を相手にするのでどうしても移動の時間が長く
  キャストできるのはほんの一瞬となるケースが多いのもこの釣りの特徴と
  言えます。その一瞬しかないチャンスを逃さないためにもナブラなどに
  接近する際は魚がどの方向からどの方向ヘ進んでいるかを自分の目でよく
  確かめ合図と同時に魚の泳ぐ先を狙うようにキャストします。

   カツオは最大で4〜5kg位までですがキハダやメジは5〜6kgクラスは
  珍しくはなくここ数年は20〜30kgクラスのボイルもよく目にします。
  5〜6kg位までならミディアムクラスのロッドで充分対応できますが20kgを
  超える大きさの魚に対してはマグロ専用のヘビータックルを準備
  しましょう。ルアーはシイラ用の大型プラグを併用できます。

   これら青物類をトップウォータープラグで狙う際には必ずナブラの中
  又は先までルアーを届かせるようにして出来るだけ小刻みなアクションを
  与えます。またプラグ類への反応が悪いときにはジグをキャストした後
  少し沈めてから巻いてみると良い場合もあります。
 



次>>




















































 

・予約&お問い合わせ…ゲームフィッシング バレントン .. 
  ⇒045-253-3106 (10:00〜20:00)
―幅広い分野の釣りをゲームフィッシングとしてサポートします―
                       

バレントンではシーバスをはじめシイラ・青物・根魚・タチウオなど幅広いターゲットを
シーズン応じて狙っています。またお客様のご希望があればエサ釣り・コマセ釣りなどへの
ご案内も可。仲間同士で気楽に楽しめるスタイルが売りの釣り船です。(チャーター専門)
できる限りお客様の希望に沿った形でご案内しますので未開の釣り物に挑戦したり
いつもと違う釣り方を試してみたりと普段出来ないことにもどんどんチャレンジして下さい!

−閉じる−×CLOSE.