昼シーバス

夜シーバス

夜メバル&カサゴ

ミニトレバリー

青物イナダ

青物サワラ

青物ワラサ

鯛ラバ

タチウオ

烏賊エギング

シイラ・カツオ・メジ

キハダマグロ




■ルアーセレクト■

■シーズン一覧■


アジ・コマセ釣り

根魚泳がせ釣り

青物泳がせ釣り

カワハギ釣り

キス釣り

イシモチ釣り

カレイ釣り

夜アナゴ釣り

その他の釣り物

 GAME FISHING VALENTON -yokohama-  ▲TOP
  大型青物・キハダマグロ&クロマグロ

         キハダマグロ


 シーズン
 マグロが狙えるシーズンはシイラやカツオなどと同様
 夏から秋にかけてですが状況は年毎様々に異なるので
 魚の数が多ければ狙い目となりますが逆に少ない場合や
 全く回遊がないときには狙うことが出来ません。
 その年の状況をよくご確認下さい。


 出船時間帯
 早朝からの出船で1日コースとなります。マグロ専門に狙うか
 他のターゲット何種かと組み合わせるかはお好み次第で、
 詳しくはご予約の際にご相談下さい。


 タックル
 大型のマグロに対応できる専用のヘビータックルが必要となります。
 ロッドは20〜30kgクラスの魚を余裕でリフトできるパワーを兼ね備えた
 7f前後のツナ専用タイプが理想です。リールはソルティガZ又はステラなど
 高性能スピニングリールにPEライン4〜5号を300〜400m巻いて更に
 ショックリーダー100〜120ポンドを完璧な方法で結束します。


 大型マグロ用タックルは現在レンタルでの対応はありませんので
 お客様各自でのご用意をお願い致します。



 20kg以上のキハダマグロ・クロマグロなど
 大型マグロ キャスティング用スピニングタックル

・ロッド・・・3ozクラス 7ft マグロ用キャスティングロッド
 ・リール・・・スピニングリール(ダイワ5000番/例⇒ソルティガZ6000・シマノ8000番)
  ・ライン…PE5号300m以上+ショックリーダー100Lb2m
   ・ルアー・・・ペンシルベイト・ポッパー・ミノー各14〜18cm ジグ80g以上


 ・大型マグロ用ルアー

    ・Fペンシルベイト‐14〜20cm
    ・Sペンシルベイト‐14〜20cm
    ・Sミノープラグ‐14〜20cm
    ・メタルジグ‐120〜200g
    


■ルアーセレクト一覧■



   温暖化の影響かは解りませんがここ数年東京湾湾口付近にも大型の
 キハダマグロやクロマグロが頻繁に回遊して来るようになったので今後狙える
 時期には専門に狙って見ようかという試みでこのページを新設しました。

   自分自身もまだマグロに関しての正しい攻略法などはよく解っておりませんが
 状況に応じたルアーの選択方法や効果的なアクションなど現在実践を伴いながら
 只今一つ一つ勉強中です。

   年毎に状況は変わると思いますが今後は回遊次第狙える状況ならバンバン
 狙って行く方針なので宜しくお願いします。

 

 ポイント&攻略

     主なポイントは沖ノ瀬周辺から相模湾一帯にかけて広範囲となりますが
 当船の操業できる範囲は相模湾特別区の範囲内(洲崎〜川奈を結んだ線の内側)
 となりますので予めご了承下さい。

   シーズンは夏から秋にかけてちょうどシイラやカツオの時期と重なります。
 ここ数年に関しては毎年必ず回遊がみられその数も年毎に増えているようです。

   対象となるマグロは主に20kg〜30kgクラスですが群れの中には50kgとか100kg
 なんて大きさの特大サイズも潜んでいてこれはもうプロの漁師さんが電気ショッカーとか
 使って捕るサイズのマグロですね!そんなのを相手にするんですからそう簡単ではない
 ことがお解りでしょう!

   クロマグロの本場大間でもシーズン中に1本も捕れない漁師さんが何人も
 出るそうですね!まして我々の釣りなんて素人の遊びなんですから毎回の釣果なんて
 到底望めません、1回や2回いや数回の坊主なんて当然覚悟でしょう。シーズン通って
 1本でも釣れれば上出来と言えるのではないでしょうか?でも最初の1本が釣れれば
 2本目は意外と簡単かも知れませんね。頑張りましょう。

   過去にタックルが不十分なために幾度となく痛い目を見ました。20kgを超える
 マグロを相手にする訳ですから確実に釣り上げるためにも専用のツナタックルを
 持ち込むようにして下さい。それなりのしっかりとしたタックルを用意すれば20kgクラス
 のキハダマグロでも5分程度のファイト時間でランディングまで持ち込めます。
 多少お金は掛かりますが専用タックルで臨むことが釣果を確実に上げるための
 一番の近道になりますからね!

   ポイントとなる海域では主にトリヤマなどを目安にイワシ団子の場所を
 探し当てそこに出るナブラをルアーで直撃します。その際は魚を散らさないよう
 細心の注意を払いながら風上側からルアーが届く位置まで船をゆっくりとナブラに
 接近させます。その間に魚の進む方向などを各自の目で確認しながら瞬時に投げる
 準備をしておき射程内に入り次第速攻キャストして下さい。

   ルアーはペンシルベイトやミノープラグなどお好みのタイプで構いませんが
 飛距離を出すためにはある程度の大きさと重さが必要でまたルアー自体の強度も
 必要となります。プラグなら最低14cm以上は必要です。

   トリが多くて投げ辛いときにはホーン(クラクション)を鳴らしてトリを
 追い払いますからその隙に投げて下さい。引いて来るプラグに鳥が纏わりついて
 釣りにならないときはシンキングペンシルやメタルジグなどをフォーリングさせて
 使うのも効果的な方法です。但しただ投げて沈めるのではなく必ずイワシ団子の中を
 通すように沈めて下さい。イワシ団子の周りにはそれを取り巻くようにマグロやカツオが
 泳ぎ周っているのでそこから飛び出すようにルアーが動けばまず間違えなく喰い付きます。
   
   状況次第で船のエンジン音などに魚がとても敏感に反応するときがあります。
 そのような場合射程内へはなかなか接近できず強引なやり方をすれば当然魚を
 沈めてしまうので根気強く時間を掛けて少しづつ詰め寄りますがそんなときほど
 キャストチャンスも一瞬で終わってしまうので周囲の状況に注意して置いて下さい。
 
   絶好のチャンスというのは日に何度も訪れるものではありませんが1度や2度は
 やって来ます。と言うよりアングラーの目前を瞬時に通り過ぎて行きますと言った方が
 正しいのかな?船の周りで突如湧き起こるマグロの壮大なスーパーボイル!
 ベイトを追い詰めたたくさんのマグロたちがガバガバと激しく跳ね続けます。その間
 約30秒〜1分ほどでアッいう間に跡形もなくどこかへ消え去り海中にはキラキラと
 コケラ(ベイトの鱗)だけが漂い続けています。
 ほんの一瞬の出来事ですがこれこそが願わんばかりのマグロのスパーチャンスです。

   瞬時に対応出来れば3回のキャストは可能なはずです。慣れたアングラーなら
 ナブラ直撃3回のチャンスがあればほぼヒットに持ち込めるのではないでしょうか?
 マグロを狙っているとこんなチャンスが日に1〜2回、良い日で4〜5回程度ありますから
 こんなチャンスに遭遇したなら是非ともモノにして下さいね!
 


次>>




































 

・予約&お問い合わせ…ゲームフィッシング バレントン .. 
  ⇒045-253-3106 (10:00〜20:00)
―幅広い分野の釣りをゲームフィッシングとしてサポートします―
                       

バレントンではシーバスをはじめシイラ・青物・根魚・タチウオなど幅広いターゲットを
シーズン応じて狙っています。またお客様のご希望があればエサ釣り・コマセ釣りなどへの
ご案内も可。仲間同士で気楽に楽しめるスタイルが売りの釣り船です。(チャーター専門)
できる限りお客様の希望に沿った形でご案内しますので未開の釣り物に挑戦したり
いつもと違う釣り方を試してみたりと普段出来ないことにもどんどんチャレンジして下さい!

−閉じる−×CLOSE.