昼シーバス

夜シーバス

夜メバル&カサゴ

ミニトレバリー

青物イナダ

青物サワラ

青物ワラサ

鯛ラバ

タチウオ

烏賊エギング

シイラ・カツオ・メジ

キハダマグロ




■ルアーセレクト■

■シーズン一覧■


アジ・コマセ釣り

根魚泳がせ釣り

青物泳がせ釣り

カワハギ釣り

キス釣り

イシモチ釣り

カレイ釣り

夜アナゴ釣り

その他の釣り物

 GAME FISHING VALENTON -yokohama-  ▲TOP
  大型青物・サワラ

         サワラ

 シーズン
 サワラの群れは毎年6月頃より湾内に回遊してきます。
 夏から秋にかけては湾内各所を広範囲に泳ぎ回るため
 なかなかポイントも絞り辛いのですが12月以降水温が
 下がり始めると水深40〜60mの特定の場所に集まって
 来るので狙い易くなります。ベストシーズンは12月から
 翌年の2月までの間で主にジギングで狙いますが
 魚が浮いているときはキャスティングでも狙えます。


 出船時間帯
 早朝からの出船で1日コースとなります。(朝一番がヒットの
 可能性が最も高いのでこの時間を外さないように)また専門に
 狙うか他のターゲット何種かと組み合わせるかはお好み次第で、
 詳しくはご予約の際にご相談下さい。


 タックル
 ジギングで狙う場合は80〜100gのジグを水深60mのボトムより
 繰り返し巻き上げるので長時間の持続が苦にならないように
 出来るだけ軽量かつロッドとリールとのバランスのとれたのもを
 選びましょう。ジグのウェイトは軽い方が疲れずに済みますが
 ポイントの水深を配慮すると最低80gは必要です。
 またキャスティングで狙う際は11〜14cmのシンキングミノーが
 威力を発揮します。



 イナダ・ワラサ・カンパチ・サワラなど
 青物全般 ジギング用スピニングタックル

・ロッド・・・2ozクラス 6〜7ft スピニングタイプ=ソルティガ コースタルゲームなど
 ・リール・・・スピニングリール(ダイワ3500番・シマノ6000番)
  ・ライン…PE2号250m+ショックリーダー40Lb2m
   ・ルアー・・・メタルジグ60〜100g



 イナダ・ワラサ・サワラ
 青物ナブラ撃ち キャスティング用スピニングタックル

・ロッド・・・1ozクラス 7ft スピニングタイプ=ソルティガ ドラドARなど
 ・リール・・・スピニングリール(ダイワ3000番/例⇒ソルティガGAME3000〜3500)
  ・ライン…PE2号300m+ショックリーダー30Lb1m
   ・ルアー・・・シンキングミノー&ペンシルベイト11〜14cm


 ・大型青物サワラ用ルアー

           サワラを狙う際のジグ‐80〜120g

           ・メタルジグ‐80〜120g(ジギング)
    ・Sミノープラグ‐40g(キャスティング)
    


■ルアーセレクト一覧■



 ポイント&攻略

  サワラ・・・釣り物が少ない冬の時期に手軽に狙うことができる
      格好のルアーターゲット!

   東京湾の寒ザワラは市場価値も高く
    とても美味しいですよ! お刺身が最高です・・・

   真冬の海上!それも早朝となるとさすがに寒さは厳しいです。
       防寒対策だけは万全にしてきて下さいね!

  サワラを専門に狙うようになったのは2003年の秋以降です・・・
 年を重ねる毎に少しづつですが攻め方・釣り方なども確立されて来ましたね、
 ポイントも広く開拓され最近では狙う船も以前より多くなって来ました。
 湾内の冬のルアーターゲットとして漸く定着したようです。


 
 2003年 秋・・・
  この年東京湾では例年以上にサワラの魚影が濃かったようです。

 秋にイナダを狙って観音崎沖でジギングをしていると突如サワラの群れが
 回遊してきてフォール中のジグに次々とバイト!80〜90cmクラスの
 良型がダブル トリプルと凄いペースで連続ヒットしたことが始まりです。

  それまでサワラは時折り釣れるワラサやイナダの外道という認識だったので
 この状況にはハッキリ驚かされました。翌日も狙って見ると同様の釣れっぷり、
 連日予想以上の好釣果で良い日悪い日はあるものの結局翌年の2月末
 まで殆ど途切れることなく釣れ続き気が付くと専門に狙っていました。

  最初はサワラの鋭い歯でラインブレークが続出しましたがトリプルフック
 とワイヤーの使用でバラシも大分減らすことができるようになりました。
 また釣行を重ねる毎に習性なども徐々に解明!以下のことが解りました。 
      
 ・魚の目の前にルアーを通せば1m近い大型サイズでも意外に簡単にヒットすること、
 ・リールを巻く速さは早い遅いに関わらず同じようにアタリがあること、
 ・特に早朝の時間帯のヒット率が高いこと、全般に大潮・中潮が有利なこと、
 ・ナブラが出たときにはトップ系よりもミノー系のルアーの方が効果的であること、
 ・表層を回遊する群れに対してはジギングよりもキャスティングの方が断然有利であること、
 ・ジギングの際はジグは下のアイのみに頑丈なトリプルフックをセット、アシストは不要、
 ・日中でも回遊をじっくり待てばヒットの可能性は充分にあることなど・・・

  最近始めたばかりの釣りなのでまだまだ未知な部分も多くありますが
 今後も少しづつ解明できればと思います。以下攻略方法を解る範囲で
 お伝えします。

  夏から秋にかけての水温の高い時期は湾内各所を広範囲に泳ぎ回り
 やがて冬が来て水温が下がり始めると観音崎沖から久里浜沖にかけての
 ある程度水深のある場所を好んで集まって来ます。この頃が群れも固まり
 ちょうど狙い目となる訳ですが食べて美味しいのもこの時期です。 
 主にジギングで狙います。

  そして水温が最も下がる春先には揃ってどこかに姿を消してしまいますが
 これらは後に控える産卵行動に深く関係があるのではないかと思えます。

  サワラのヒットゾーンは表層、中層、ボトムと日によって様々です。
 80g前後のメタルジグを使用して最初はボトムから表層までを丁寧に巻き上げ
 その日のタナを探ります。巻く速度は早い遅いに関わらず釣れて来るので
 それ程難しくないと思います。難易度はサバと同じくらいでしょう。
 目の前にルアーが通れば喰い付きます。またフォーリング中のバイトも
 よくあるので注意してみて下さい。

  ワンピッチジャークやストップ&ゴーなどどんなアクションにも
 反応しますがあまり派手に動かしすぎたりホール&リフトを常時繰り返して
 いるとラインに歯が触れてしまうのかアタリもないのに急にルアーだけが
 バッサリと切られてしまうことがよくあります。
 ただの棒引きが無難です。(それで十分釣れますから)

  サワラがベイトを水面まで追い上げてくるとミサイル弾のように海面に
 跳び出したり水柱を上げながら派手にボイルします。ミノープラグを上手く
 ナブラの中へ通すことが出来ればまず間違えなくヒットします。

  魚の移動が早くナブラ直撃が難しいようなら周辺でキャストを繰り返すか
 又はジグをロングキャストした後少し沈めてからの斜め引きでも
 ヒットさせることができます。

  
  サワラの歯は大変強力でラインに触れただけでも太いリーダーがスッパリ
 と切られてしまいます。それについての対応策が必要です。

           サワラを狙う際のジグ

  フックはジグの後方(下方)のみに装着して下さい。トリプルorシングル
 どちらでも構いませんが必ずスプリットリング等の金具で繋ぐタイプを
 選んで下さい。ケプラーなど紐での結束品はサワラの鋭い歯には太刀打ち
 出来ません。(はさみで切れる素材は全て×です…たまたま切られない
 ことはあってもいつか必ず切られますから注意して下さい)
 当然アシストフックも一切不要です。

  ジグは出来るだけロングタイプを使用して下さい。そうすれば多少
 飲み込まれてもファイト中にサワラの歯がリーダーに触れる危険性を
 最小に減らせます。また下方重心タイプのルアーの方がフォーリング時
 のライントラブルやブレークも少なくなります。
 
  また巻き上げ時も余計なジャークは入れない方が無難!
 ジャークしているとアタリも無いのにルアーだけスッパリなんて
 よくありがちですがルアーが踊る際に噛み付こうするサワラの歯が
 リーダーに触れてしまい気付かぬうちにブレイクするケースが!

  サワラはルアーへの反応はとてもよい魚なので早巻き遅巻き問わず
 動くものには反応しますからロングタイプのジグにちょっと大きめの
 トリプルフックを装着してボトムよりただ巻きすればそれで充分ヒットは
 得られます。

  また更に完璧な手段としてルアーとリーダーの間に15cm程の
 ワイヤーをセットする方法があります。大切なルアーをブレイク
 から守るためには最も望ましい方法と言えるでしょう。
 しかしこの方法はキャストする際には多少やり辛くなることと
 状況次第でアタリの数が明らかに半減する場合があります。

  ワイヤーを使用しても同じようにアタリが来るようなら
 ブレイクの心配は殆どないので安心してファイトが楽しめます。
 サワラ釣行の際は何組か用意しておくと役立つアイテムです。

           サワラを狙う際のジグ‐80〜120g

 ・ジギング

  主に冬場の狙い方です。水深は40〜60m程度、船下にジグを落とし
 そのままボトムまで沈めてから適度な速さで巻き上げます。
 基本的にはタダ巻きでOK、ボトムより30〜40mの範囲で上下を繰り返えし
 途中で1〜2回ストップ&ゴーなどのアクションを加えるとその直後にゴンと
 来るケースが多いようです。
 
  それほど難しく考える必要はなく魚が居れば均等にアタリが来るので
 ちょうどサバを狙うときと同じやり方で良いでしょう。また直ぐに
 釣れなくてもいつ回遊してくるか解らないので気を抜かないように
 持続して下さいネ、必ずチャンスはやってきます!
 

 ・キャスティング

  トリヤマの下などで水柱が上がるような派手なボイルが頻繁に見られる
 ときや水面下を広く回遊していると思われる場合はミノープラグが威力を
 発揮します。その他には飛距離の出るメタルジグをフルキャストした後に
 5〜10秒程度沈めてからリーリングする方法も有効です。
 
  また表層付近を回遊するサワラの群れは船の周りをグルグルと泳ぎ回り
 ますが決して船下へは入ろうとしないのでメタルジグ使用の際も船下へ
 落とすのではなく必ずキャストした後に少し沈めてから斜めに引いて下さい。
 (冬場など水深が40m以上のポイントでボトム付近を狙う場合には船下に
 そのままジグを落とせばOKです)


 鋭い歯に注意!

  サワラの歯は刃物のように鋭く噛まれると出血が止まらなくなるので
 大変危険です。釣り上げた後は必ずエイリアンペンチ等を使ってルアー
 を外すようにしましょう。またその際に誤って口の中に手を入れたり歯に
 触れるようなことがないように充分に注意して下さい。

  またラインブレイク対策を工夫する際にはどんなに太くてもはさみで
 切れるものは全てダメということを覚えて置いて下さい。




次>>
































 

・予約&お問い合わせ…ゲームフィッシング バレントン .. 
  ⇒045-253-3106 (10:00〜20:00)
―幅広い分野の釣りをゲームフィッシングとしてサポートします―
                       

バレントンではシーバスをはじめシイラ・青物・根魚・タチウオなど幅広いターゲットを
シーズン応じて狙っています。またお客様のご希望があればエサ釣り・コマセ釣りなどへの
ご案内も可。仲間同士で気楽に楽しめるスタイルが売りの釣り船です。(チャーター専門)
できる限りお客様の希望に沿った形でご案内しますので未開の釣り物に挑戦したり
いつもと違う釣り方を試してみたりと普段出来ないことにもどんどんチャレンジして下さい!

−閉じる−×CLOSE.